July 19, 2018 / 6:12 AM / 5 months ago

上海外為市場=下落、1年ぶり安値

[上海 19日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落。1年ぶりの安値水準となった。人民元の対ドル基準値が節目の1ドル=6.7元台で設定されたことが背景。一方、中国当局は米中貿易摩擦の拡大を受け、資本フローの不安定化につながるリスクを抑制しようとしている。

中国国家外為管理局(SAFE)は19日、貿易摩擦による資本フローへの影響を検証する必要があるとし、為替市場の短期的なボラティリティーには変動を緩やかにする「カウンターシクリカル」な措置で対応すると表明した。

19日の国内スポット市場における取引への直接的な影響は乏しかったが、当局の動きは貿易摩擦による経済低迷に対する懸念を浮き彫りにしている。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値(中間値)を1ドル=6.7066元と、6業日連続で元安方向に設定。幅広い通貨に対するドル高を反映した。

基準値は、前営業日基準値(6.6914元)と比べ152ポイント(0.263%)の元安。2017年8月9日以降で初めて心理的節目の6.7元を割り込んだ。

国内スポット市場中盤の人民元は6.7365元で推移。前日終値に比べ160ポイント、基準値に比べ0.45%の元安となっている。一時は6.7424元と、2017年7月28日以来の安値を付けた。

みずほ銀行(香港)のシニアアジア通貨ストラテジスト、ケン・チュン氏は、19日の基準値設定によって、6.7元はもはや強気と弱気を分ける一線ではなくなったと指摘。人民銀の基準値設定は「人民元を特定の水準に保持するためではなく、人民元の減価ペースを滑らかにするためだろう」との見方を示した。

上海にある外資系銀行のトレーダーは、SAFEの表明について「人民元取引における直接的な影響はない」とした。

オフショア人民元は6.768元と、国内スポット市場との比較で0.47%の元安。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は94.41。前日は94.88だった。

ドル指数は前日の95.08から95.018に下落。

人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.825元と、基準値比1.73%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below