December 18, 2019 / 5:22 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=雇用統計控え豪ドル横ばい、NZドル1週間ぶり安値

[シドニー 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪雇用統計発表を翌日に控えて豪ドルがほぼ横ばいとなった。ニュージーランド(NZ)ドルは乳製品価格の急落を受けて1週間ぶり安値を付けた。

0400GMT(日本時間午後1時)現在、豪ドルは0.09%安の1豪ドル=0.6844米ドル。豪ドルは前日、同国中央銀行が来年追加利下げに踏み切るとの観測を背景に下落した。

金融市場は来年2月に25ベーシスポイント(bp)の利下げが行われる確率を50%織り込み、5月までの利下げは完全に織り込んでいる。

市場の関心は19日に発表される11月の豪雇用統計に集まる。失望を誘う内容となれば、中銀の利下げ時期が早まる可能性がある。

18日に発表された豪インターネット求人指数はトレンドベースで1.3%低下し、7カ月ぶりの大幅な落ち込みとなった。低下は11カ月連続。前年比では10.6%低下し、6年ぶりの大幅なマイナスとなった。

コムセックのシニアエコノミスト、ライアン・フェルスマン氏は「雇用の伸びに関する先行指標は労働市場の軟化継続を示唆しており、政策対応に向けた中銀の決意が試されている」と述べた。

NZドルは0.2%下落し、1週間ぶり安値となる0.6559米ドルを付けた。

18日朝方の入札で国際乳製品価格指数が5.1%急落したことが響いた。

豪国債先物は小幅下落。3年物は2.5ティック安の99.275、10年物は3ティック安の98.8050。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below