February 12, 2019 / 5:43 PM / 10 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=スペイン10年債利回り低下、予算決議や選挙巡る思惑で

    [ロンドン 12日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                               
 米東部時間11時58                                                             
 分                                                            
 *先物             清算値  前日比  前営業日終  コード                        
                                            盤                 
 3カ月物ユーロ     100.31    0.00      100.31                         
 独連邦債2年物     111.89   -0.02      111.91                          
 独連邦債5年物     133.09   -0.13      133.22                          
 独連邦債10年物   166.02   -0.33      166.35                          
 独連邦債30年物   185.68   -0.80      186.48                          
 *現物利回り       現在値  前日比  前営業日終  コード                        
                                            盤                 
 独連邦債2年物     -0.565  +0.011      -0.576                               
 独連邦債5年物     -0.372  +0.023      -0.395                               
 独連邦債10年物    0.131  +0.020       0.111                                
 独連邦債30年物    0.754  +0.016       0.738                                
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、スペイン10年債利回りが南欧諸国の利回りと共に低
下。今週の予算決議や選挙を巡る思惑が投資家の懸念につながった。
    一方、周辺国を除くユーロ圏の10年債利回りは小幅に上昇。米政府機関の閉鎖回避
に向けた協議が株価を押し上げ、債券需要を後退させた。
    スペインでは11日、サンチェス首相が4月中旬の解散総選挙を検討していると報じ
られた。また同国政府は2019年の予算案通過を巡り、賛同を得ようと躍起になってい
る。
    少数与党の社会労働党政権は、カタルーニャ州のナショナリスト政党など中小政党の
支持が不可欠だが、中小政党は予算案に反対する意向を示している。予算案を巡る採決は
13日に行われる見通し。
    コメルツ銀行の金利ストラテジスト、マイケル・ライスター氏は「予算案通過は簡単
ではないだろう。早期選挙のリスクもある」と指摘。「スペイン国債は過去1週間堅調だ
ったため、政治的なノイズが圧迫材料になっている」と述べた。
    スペインの10年債利回りは一時1.225%に低下。ただ今月初めに
つけた10カ月ぶりの低水準(1.19%)は上回っている。
    イタリア10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)低下、ポルトガ
ルの10年債利回りは2bp低下した。
    スペインとイタリアの10年債利回り差は約158bpに縮小。前週
はイタリア経済見通しに対する懸念を背景に178bpと2カ月超ぶりの高水準をつけて
いた。
    アナリストは、スペイン経済が相対的に堅調であるため選挙リスクによる下落は限定
的との見方を示している。
    パインブリッジ・インベストメンツのポートフォリオ・マネジャー、ロベルト・コロ
ナード氏は、スペイン政府が勝つ可能性は低いため、選挙が実施されるとは思えないと指
摘。「選挙で勝つ可能性があるスペインの政党は市場により中立的であるという点で、ス
ペインはイタリアとは異なる立場にある」と述べた。
    ピクテ・ウェルス・マネジメントのエコノミスト、ナディア・ガルビ氏はスペインと
イタリアの成長見通しが大きく異なっていると言及。スペインの2019年の経済成長率
を2.1%、イタリアの成長率を0.3%と予測した。
    イタリア債券がリスク資産上昇の恩恵を受けた一方、ドイツ10年債利回りDE10YT=
RRは8日につけた2年超ぶりの低水準からの回復が継続し、一時0.146%まで上昇
した。
    58億8000万ユーロの新発10年国債入札を実施したオランダでは、10年債利
回りが1617GMT(日本時間13日午前1時17分)時点で1.2bp
上昇している。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below