December 31, 2019 / 8:09 PM / 20 days ago

欧州株式市場=利食い売りで続落、年間では10年ぶり大幅高

    [31日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     415.84    -0.33   -0.08     416.17          
 FTSEユーロファース    1623.96    -1.17   -0.07    1625.13          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    3745.15    -3.32   -0.09    3748.47  <.STOXX50E
                                                                >
 
      
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。貿易摩擦や世界的な景気後退への懸念が和ら
ぐ中で12月は株価が上昇していたため、利益確定の売りが出た。
    フランスのCAC40指数は0.07%、スペインのIBEX指数は
0.66%それぞれ下落した。ドイツとイタリア市場は休場だった。
    この日は値下がりしたものの、STOXX欧州600種は依然として年間ベ
ースで約23%高と、2009年以来の大幅な上昇となった。米中合意や英国の欧州連合
(EU)離脱を巡る前向きな兆しから12月は市場心理が好転した。主要な中銀が緩和的
な政策を進めていることや、好調な経済指標も買い材料となり、12月は株価が過去最高
値を更新した。
    ただアナリストや投資家は米中の第一段階の合意について詳細が明らかでないと指摘
し、この日は持ち高調整の売りが出た。
    アクシートレーダーの市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は顧客向けのメ
モで「12月にみられた楽観的な見方は徐々に20年に向けた先行き不透明感へと移行し
、投資家は年末に慎重な姿勢を保っている」とした。
    個別銘柄ではフランスの航空機設備メーカー、ラテコエールが2.1%上
昇した。カナダの航空機・鉄道車両大手ボンバルディアの電気配線相互接続シ
ステム事業を約5000万ドルで買収することに合意したことが好感された。
     

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below