March 17, 2020 / 3:46 AM / 2 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル約10年ぶり安値、NZドルは経済対策好感

[シドニー 17日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、新型コロナウイルスによる経済への影響を巡る懸念から、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが約10年ぶり安値近辺で推移している。ただ、NZドルは政府が発表した大規模な経済対策を好感して小幅上昇している。

豪ドルは直近で1豪ドル=0.6112米ドル。前日には11年ぶり安値となる0.60765米ドルまで下げた。

豪ドルは2008年の安値(0.6007米ドル)に迫っており、この水準を割り込めば、2003年4月以来の安値水準に沈む可能性がある。

CBAのシニア通貨ストラテジスト、エリアス・ハダド氏は、豪ドルが第2・四半期に0.5700米ドルまで下落すると予想し、0.5500米ドルかそれ以下の水準まで下げる可能性もあるとの見方を示した。

NZドルは0.6049米ドルに小幅上昇。同国政府はこの日、国内総生産(GDP)の4%に相当する121億NZドル(73億1000万米ドル)規模の経済対策を発表した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)が公表した今月の理事会の議事要旨によると、理事会では新型ウイルスの感染拡大を「前例のない」イベントと認識し、「豪経済を支援するため金融政策をさらに緩和する用意がある」との姿勢が示された。

豪中銀は19日に追加の政策措置を発表する。アナリストの多くは、中銀が政策金利を0.25%に引き下げ、イールドカーブコントロール(長短金利操作)の計画を明らかにすると予想している。

豪国債先物はまちまちで、長期ゾーンが下落。一部の投資家が株式の損失をカバーするため長期債の売却を強いられているとの見方が出ている。10年債先物は9.5ティック安の99.0100。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below