July 10, 2020 / 5:35 AM / a month ago

アジア通貨動向(10日)=軟調、中国株安やコロナ感染拡大への懸念で

* グラフィック:tmsnrt.rs/2egbfVh

[10日 ロイター] - アジア新興国通貨は軟調。中国株の連騰が止まったことや、新型コロナウィルスの新たな感染拡大への懸念が影響している。

フィリピンでは過去6日のうち3日で新規感染者が過去最多を記録した。9日は死者はいなかったものの、新たな行動規制導入の観測が相場を圧迫している。

フィリピンペソは0.1%超下落。

インドネシアルピアは0.5%安。

ロイター調査によると、投資家はルピアに対して5月中旬以来初めて弱気に転じた。中銀による追加緩和の観測で、高利回りの国債の魅力が薄れるとの懸念が広がっている。

シンガポールは総選挙で休場。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below