for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(10日)=総じて軟調、台湾ドルは上昇

[10日 ロイター] - アジア新興国通貨は、ドルの持ち直しを背景に、総じて軟調に推移。

シンガポールドル、マレーシアリンギ、フィリピンペソはそれぞれ約0.3%下落。

一方、年初からの値上がり率が最も高いアジア通貨の1つである台湾ドルは0.3%高。新型コロナウイルス流行を受けた在宅勤務の広がりでノートパソコンやスマートフォンなどの電子機器の需要が急増したのに伴い台湾の輸出は急拡大しており、通貨高につながっている。

台湾の主計総処の朱沢民・主計長は、台湾の経済成長率は今年、約5%に達する可能性があると述べた。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up