December 5, 2018 / 2:56 AM / 11 days ago

円債こうみる:年末の10年債金利は0.1%程度に=みずほ証 丹治氏

[東京 5日 ロイター] -

<みずほ証券 チーフ債券ストラテジスト 丹治倫敦氏>

米債市場で10月の実質金利の上昇分を巻き戻すとすると、米10年債利回りは2.8%程度に低下する可能性がある。この水準を下限とすると、円債市場の10年債金利にも強い低下圧力がかかる局面がありそうだ。

ただ、年末の円債市場の10年債金利は0.10%程度になるとみている。基本的に現状の金利低下が行き過ぎているという面があるうえ、日銀もイールドカーブのブルフラット化が進み過ぎないように手を打ってくると思う。

もっとも、日銀は7月の政策修正以前の水準に戻ることを避けたいと考えているだろうが、依然として消極的な対応にある。米金利も下がり続けることはなく、株安・円高となっている中で、オファー減額を積極的に進めなくても良いという感覚があるのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below