for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

住友商事、シェール事業から撤退 昨年10─12月に米国の権益売却

 2月4日、住友商事は、米テキサス州のイーグルフォード地域でのシェールオイル事業の権益を昨年10─12月に売却し、米国での同業から撤退したと明らかにした。写真は都内で2018年4月撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 住友商事は4日、米テキサス州のイーグルフォード地域でのシェールオイル事業の権益を昨年10─12月に売却し、米国での同業から撤退したと明らかにした。この売却により、同社はシェール事業から完全撤退したことになる。

住商は2018年に、米社からイーグルフォード地域のタイトオイル権益の100%を取得。ピーク時には、日量3000バレルを生産していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up