November 5, 2018 / 2:13 PM / 13 days ago

ユーロ圏12行、資本基盤の強化必要=デギンドスECB副総裁

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は5日、前週に結果が発表された欧州銀行ストレステストの結果について、厳しいシナリオの下でコア資本比率が9%を下回ったユーロ圏の12行は資本基盤の強化が必要になるとの考えを示した。

ECBはこれまで、ストレステストで普通株式等Tier1(CET1)比率が5.5%を上回っていれば容認できるとの見解を表明。ただデギンドス副総裁の発言を踏まえると、ECBはこれよりも高い水準を求めている可能性がある。

デギンドス副総裁はブリュッセルで開かれた会合で、「厳しいシナリオの下でコア資本比率が9%を下回る銀行は、容認はできるものの、資本基盤はぜい弱であるといわざるを得ない」とし、「これらの12の銀行はユーロ圏の資産の約40%を保有しているが、将来的な課題に対処するために資本基盤を強化する必要がある。このため、これらの銀行は緊密な監視下に置かれる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below