for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANA構造改革こうみる:現実的、今後1─2年が正念場=証券ジャパン 大谷氏

[東京 27日 ロイター] -

<証券ジャパン 調査情報部長 大谷正之氏>

業績予想の赤字額、シンジケートローン契約、LCC立ち上げなどは、事前報道が出ていたためサプライズではなかった。ANAなどの航空業は公共交通機関である以上、思い切ったことをするのは難しい。目新しい材料は少なかったが、現実的なビジネス・モデルと評価することはできる。明日の株価は材料出尽くしとなるのではないか。

新型コロナウイルス感染拡大の終息の兆しは見えないため、国際線が本格的に回復するまでは時間がかかる。プレミアム路線との差別化を図り、その他の事業を拡大していくのは妥当だ。ただ、気になった点は、航空事業の中で旅客ビジネスが大幅減となる中、貨物ビジネスが小幅減にとどまっていたこと。コロナ渦でも伸びる余地があるように見えたので、少し言及が欲しかった。

今後の注目ポイントは、各国の入国規制解除や緩和の行方はもちろん、どこまで国内需要が回復し非航空収益を伸ばせるかといった点だろう。今回のビジネス・モデルは、「やれるところからやっていく」といった印象が強い。この先1、2年は、コスト削減を図り回復まで耐えることを余儀なくされそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up