December 19, 2017 / 4:33 PM / a month ago

米税制改革、インフレ目標達成の一助となる可能性=ミネアポリス連銀総裁

[19日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁はCNBCのインタビューで、新たな税制改革はインフレ目標達成の一助となるかもしれないとの見方を示した。

大手銀行は米国で一段の資本が必要と指摘。パウエル氏は議長指名は良い選択だったとし、「継続性」が確保されると述べた。

同総裁はブルームバーグテレビとのインタビューで、米国経済には総債務の大幅な積み上がりはみられないと指摘。金利水準は現在の水準に維持すべきとも述べた。

現在はインフレではなくディスインフレ圧力が懸念のようだとも指摘。コアインフレが2%に達するのを容認した後、利上げを継続するかを判断すべきとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below