February 11, 2020 / 4:19 PM / 15 days ago

米求人件数、12月は2年ぶり低水準 採用は増加

* 12月の米雇用動態調査(JOLTS)、求人件数は642.3万件=労働省

[ワシントン 11日 ロイター] - 米労働省が11日に発表した昨年12月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数(季節調整済み)が642万3000件と、前月から36万4000件減少し、2017年12月以来の低水準となった。求人率も4.0%と、前月の4.3%から低下。このところの雇用増の加速が持続可能でない公算が大きいことが示された。

求人件数の減少は2カ月連続。11月は57万4000件減と、15年8月以来の大幅減だった。19年全体では求人件数は14.9%減少した。

一方、12月は採用件数は590万7000件と、前月の582万7000件から増加。採用率も3.9%と、前月の3.8%から上昇した。

自発的な離職件数は348万8000件と、356万8000件から減少。自発的な離職率は2.3%と、横ばいだった。自発的な離職率は労働市場における信頼感の水準を見極めるために政策担当者やエコノミストが注目している。

レイオフ・解雇件数は189万5000件と、176万8000件から増加。レイオフ・解雇率は1.2%と、横ばいだった。

労働省が7日発表した1月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から22万5000人増と、市場予想の16万人増を上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below