April 13, 2018 / 7:03 AM / 7 days ago

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                    ドル/円           ユーロ/ドル           ユーロ/円         
 午後5時現在        107.63/65          1.2336/40              132.82/86
 NY午後5時          107.32/35          1.2325/29              132.30/34
 
    午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の
107円後半。ドルは朝方の安値107.20円をつけた後、日経平均の上げに歩調を合
わせる形で107.58円まで上昇した。前日のトランプ米大統領によるツイッターでシ
リア情勢が急展開するリスクが後退し、安心感を誘った。夕刻に入っても、緩やかに上値
を伸ばしている。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均            21778.74円                  (118.46円高)
 安値─高値        21746.69円─21917.35円                         
 東証出来高          15億2766万株                                   
 東証売買代金        2兆4390億円                                    
 
    東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。シリア情勢への警戒感が和らいだこ
とで前日の米国株が上昇したほか、トランプ米大統領がTPP(環太平洋連携協定)の復
帰検討を指示したことが明らかとなって、米国の保護主義姿勢への懸念も緩和した。景気
敏感株に買い戻しが入って、上げ幅は一時250円を超えた。ただ、高値圏では戻り売り
に押され、後場にかけて伸び悩んだ。

東証1部騰落数は、値上がり1368銘柄に対し、値下がりが638銘柄、変わらずが7
6銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時14分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベー  -0.044%                                
 ス)                                                 
 ユーロ円金先(18年9月限)        99.920             (変わらず)
 安値─高値                       99.915─99.920                          
 3カ月物TB                      -0.183             (-0.005)
 安値─高値                       -0.183─-0.185                          
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.044%になっ
た。準備預金の積み最終日を迎えて、資金調達意欲がしっかり。ユーロ円3カ月金利先物
は小動き。日銀の国庫短期証券(TB)買い入れ結果は無難との評価が出ている。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・18年6月限              150.89             (-0.06)
 安値─高値                       150.89─150.95                          
 10年長期金利(日本相互証券引け値  0.030%            (変わらず)
 )                                                   
 安値─高値                       0.035─0.030%                          
  
    国債先物中心限月6月限は前日比6銭安の150円89銭と続落して引けた。前日の
海外市場で、シリア情勢の緊張がやや和らいだことから、安全資産の米債が売られた地合
いを引き継いだ。日銀が中期・超長期を対象に実施した国債買い入れ結果は需給の底堅さ
を映す内容となったことで値を戻す場面もあったが、高値警戒感から上値を買い進む動き
は見られず、狭いレンジでの値動きに終始した。
現物市場は閑散。相対的に高い利回りが確保されている超長期ゾーンには年金など国内勢
が物色する動きがあった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比
変わらずの0.030%。
    
 レポート全文:
    
<スワップ市場> 16時24分現在の気配
 2年物     0.09─-0.00
 3年物     0.11─0.01
 4年物     0.13─0.03
 5年物     0.15─0.05
 7年物     0.20─0.10
 10年物    0.30─0.20
 


    

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below