April 4, 2019 / 4:06 PM / 19 days ago

米ターゲット、最低時給13ドルに引き上げ 労働市場引き締まりに対応

[ワシントン 4日 ロイター] - 米小売大手ターゲットは6月に米従業員の時間当たりの最低賃金を12ドルから13ドルに引き上げると発表した。米労働市場が引き締まる中、有能な人材を確保したい考え。競合のウォルマートへの圧力になる可能性がある。

ターゲットは米国内で1845の店舗を展開し、30万人を超える従業員を雇用。2017年に時間当たりの最低賃金を20年までに15ドルに引き上げる方針を表明し、18年3月に11ドルから12ドルに引き上げた。

米国の失業率が約50年ぶりの低水準で推移する中、小売業者の間では人材の確保が難しくなっている。最低賃金引き上げに向けた政治的な圧力も増大しており、アマゾン・ドット・コムは昨年10月、米国の従業員の時間当たり最低賃金を15ドルに引き上げた。

賃金引き上げの動きは他の企業にも広がり、会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセールも時間当たり最低賃金を1年間に2回引き上げ、今年3月から15ドルとしている。

ウォルマートの現在の時間当たりの最低賃金は11ドル。同社からコメントは得られていない。

ターゲットはすでに時間給が13ドルとなっている従業員の賃上げを実施するかについては明確に示さなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below