July 14, 2020 / 5:32 AM / 24 days ago

アジア通貨動向(14日)=総じて軟調、シンガポールドルは弱いGDPが打撃

[14日 ロイター] - アジア新興国通貨市場は総じて軟調。南シナ海問題を巡る米中の緊張が重しとなっている。

0405GMT(日本時間午後1時05分)時点でタイバーツは0.38%安、韓国ウォンは0.49%安。

シンガポールドルは0.22%安。第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比年率(季節調整済み)で41.2%減少と、統計開始以来最悪。新型コロナウイルス流行の打撃が鮮明となった。

みずほ銀行はノートで「第2・四半期が底というのが大方の予想だったが、回復の道筋は不透明で、景気の足取りが重いことが懸念される」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below