for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:日清食HDは反落し1.4%安、大手銀による保有株式売却を嫌気

[東京 22日 ロイター] - 日清食品ホールディングスは反落し1.4%安で推移。19日に、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行が保有する同社の株式を売り出すと発表したことが嫌気されている。売り出し価格は未定で、海外の機関投資家の比率を高めるため、海外市場で売却する。

市場からは「株式売却は、需給悪化懸念からどうしても売りが先行しやすくなる。足元の株価の動きは、目先の需給悪化を嫌気したものではないか」(国内証券)との声が聞かれた。ただ「中長期的にみれば、同社の経営方針が海外の機関投資家を意識したものになる可能性もあり、企業価値が高まれば(株式売却が)前向きな評価へと変わっていくこともあるだろう」(同)という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up