for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サテライトオフィス約140に拡大へ、柔軟に働ける環境提供=SMBC日興社長

SMBC日興証券の近藤雄一郎社長はロイターとのインタビューで、来年以降、サテライトオフィスを約140拠店に拡大させる考えを明らかにした。6月撮影(2020年 ロイター/TAKASHI UMEKAWA)

[東京 24日 ロイター] - SMBC日興証券の近藤雄一郎社長はロイターとのインタビューで、来年以降、サテライトオフィスを約140拠店に拡大させる考えを明らかにした。本社や支店に通勤せずに働ける環境を作ることで、社員に働き方の多様な選択肢を提供する。グループの三井住友銀行の店舗を一部活用することも予定している。

SMBC日興は10月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となったセミナー会場などを試験的にサテライトオフィスに転用する試みを始めた。現時点では7拠店にとどまるが、来年以降、20―30拠店まで拡大していく。

同社はまた、約100カ所のサテライトオフィスを外部と契約しており、一部ではすでに使用が可能となっている。今後は、三井住友銀行の店舗の一部も活用していく予定だ。

近藤社長は、来年1月以降、本社や支店に通勤せずに「全社員が働ける環境を作る」と語った。ただ、生産性への効果は慎重に見極める必要があると述べ、こうした働き方でも新規の企画が生まれるか、営業の生産性が上がるのかといった点を、来年1年間をかけて検証する考えを示した。

※インタビューは12月16日に実施しました。

新田裕貴 梅川崇 編集:田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up