December 27, 2017 / 11:15 AM / a year ago

上海短期金融市場=人民元金利上昇、14日物は一時10% 年末控え

[上海 27日 ロイター] - 上海短期金融市場で27日、人民元金利が急上昇。14日物レポ金利は一時10%と、4年ぶりの高水準となった。中小金融機関が年末越えの資金確保に動いた。

四半期末は通常、銀行の会計処理や規制により流動性が逼迫(ひっぱく)する。ただ一部の市場関係者は、政府のデレバレッジの取り組みと中銀の引き締めバイアスにより、逼迫状況が悪化しているとの見方を示した。

国信フューチャーズ(深セン)のアナリストは「多くの銀行は通年目標達成のため現金を求める。預金高の大きさによって翌年の貸し出し規模が決定される」と述べた。

14日物レポ金利(加重平均)は4.9414%と、9カ月ぶり高水準で終了した。

7日物レポ金利は一時12%と、2013年半ば以来の高水準となったが、加重平均ベースでは2.9317%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below