May 13, 2019 / 3:38 PM / 2 months ago

米消費者1年先インフレ期待、4月は2.6%に急低下=NY連銀

[ワシントン 13日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が発表した4月の調査によると、1年先のインフレ期待が2.6%と、前月の2.82%から大きく低下した。0.22%ポイントの低下は2013年中旬の調査開始以来3番目の大きさ。連邦準備理事会(FRB)は困難な金融政策運営を迫られる可能性がある。

3年先のインフレ期待も2.69%と、2.86%から低下し、中期インフレ期待もここ数週間で減退していることが裏付けられた。

米中が相互に関税措置を導入する中、市場では米利下げ観測が高まっている。ただ米経済は力強さを保っており、今回のNY連銀の調査でも家計の収入と消費の伸びの予想が前月から上昇したほか、失業率が来年にかけて上昇する可能性は小さいとの見方が示された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below