October 15, 2018 / 5:41 PM / a month ago

欧州市場サマリー(15日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [15日 ロイター] - 
 <為替>                  欧州終  アジア市場  コード                                
                               盤        終盤                           
 ユーロ/ドル           1.1594      1.1566                                        
 ドル/円                  111.82      111.79                                        
                                                                        
 ユーロ/円                129.64      129.30                                        
                                                                        
                                                                                     
 <株式指数>                終値      前日比         %  前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種    359.31       +0.36      +0.10        358.95          
 FTSEユーロファース   1412.90       +2.80      +0.20       1410.10          
 ト300種                                                             
 DJユーロSTOXX5   3210.37      +15.96      +0.50       3194.41             
 0種                                                                   
 FTSE100種         7029.22      +33.31      +0.48       6995.91          
 クセトラDAX           11614.1      +90.35      +0.78      11523.81          
                                6                                       
 CAC40種             5095.07       -0.91      -0.02       5095.98         
                                                                                     
 <金現物>                  午後              コード                                
 値決め                   1219.75              <GOLD/EU1                             
                                               >                        
                                                                                     
 <金利・債券>                                                                      
 米東部時間13時22分                                                                  
 *先物                    清算値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 3カ月物ユーロ            100.32        0.00     100.32                        
 独連邦債2年物            111.87       +0.03     111.84                         
 独連邦債5年物            130.83       +0.05     130.78                         
 独連邦債10年物          158.59       +0.06     158.53                         
 独連邦債30年物          172.84       -0.14     172.98                         
 *現物利回り              現在値      前日比   前営業日  コード                     
                                                    終盤                
 独連邦債2年物            -0.611      -0.007     -0.604                <0#DE2YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債5年物            -0.095      -0.003     -0.092                <0#DE5YT=TWEB
                                                                        >
 独連邦債10年物           0.506      +0.002      0.504  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWE
                                                          >             B>
 独連邦債30年物           1.134      +0.008      1.126  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWE
                                                          >             B>
    

    <ロンドン株式市場> 小幅に反発して取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱
交渉の行き詰まりでポンドが下落し、輸出銘柄を押し上げた。
    離脱条件を巡り、英国とEUは今週のEU首脳会議を前に合意に至りたい意向だった
が、離脱後の英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドとの国境の扱いで解決策が見
出せない状況だ。一連の協議の末、向こう数日間は協議を中止することになり、ポンドは
1週間ぶりの安値となった。
    ポンド安を受け、ブリティッシュ・アメリカン・タバコやたばこのインペリ
アル・ブランズ、日用品大手ユニリーバ、同レキット・ベンキーザー<RB
.L>などの国際的な銘柄が値を上げた。こうした企業はドルで収益を上げるため、ポンド
安ドル高が追い風となる。
    国内景気に左右されやすい金融株は低迷した。ロイズ・バンキング・グループ<LLOY.
L>とバークレイズは0.7%と1.0%それぞれ下落した。
    アナリストらは、英国が合意のないまま離脱した場合、英経済の成長見通しが著しく
低下するほか、ポンドが一段安となるとみている。
    中型株では、医療機器メーカーのコンバテックが33.1%急落した。輸液
用器具の最大顧客における在庫戦略が変わったことで、収益と利幅の見通しを引き下げた
ことが嫌気された。
    ファッションブランド、スーパードライは21.2%急落した。2018─
19年の利益が現在の見通しよりも最大17%低くなる可能性があると警告したことが不
安視された。異常気象や為替費用の増加で売り上げが下がったと説明した。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 小幅に反発して取引を終えた。貿易摩擦や米国債利回りの上昇、
英国の欧州連合(EU)離脱交渉、イタリアの予算を巡る懸念が引き続き相場の重しとな
る中、一時は2016年12月以来、22カ月ぶりの安値を付けたが、終盤にかけて持ち
直した。
    INGのアナリストらは、米国株式相場も前週末に持ち直したことに言及した上で、
リスクは依然として著しいと指摘した。「地震の振動が終わった後に安堵のため息をつか
ないのと一緒で、米経済が非常に堅調であるにもかかわらず市場は神経質な相場展開とな
っており、慎重な姿勢を保っている」と述べた。
    こうした中、STOXX欧州600種通信株指数は1.60%上昇し、部門
別で最も好調だった。通信株は高配当であることから、「ディフェンシブ」銘柄とみなさ
れており、投資家が安全な資産を追求する中で買い注文が入った。
    石油・ガス株指数は0.58%上昇。サウジアラビア人記者、ジャマル・カ
ショギ氏が失踪した事件を巡り地政学的緊張感が高まる中で原油が値上がりしたことが買
い材料となった。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> ポルトガルとイタリアの国債利回りが低下し、他のユーロ圏債券
をアウトパフォームした。ポルトガル国債はムーディーズによる格付け引き上げが利回り
低下に寄与。イタリアについては予算案の承認を翌日に控え、大幅に売られる局面は終息
したとの見方が出ている。    
    ムーディーズ・インベスターズ・サービスは前週12日、ポルトガルについて、経済
、財政状況が改善しているとして格付けを「Ba1」から「Baa3」に引き上げた。主
要格付け機関3社のうち他の2社はすでにポルトガルを格上げしている。    
    DZ銀行の金利ストラテジスト、クリスチャン・レンク氏は「格上げは想定されてい
たとはいえプラス要因となり、投資家の間でポルトガル国債を見直す動きが広まった」と
している。    
    ポルトガル10年債利回りは一時2%を下回る水準に低下。その後は下
げ幅をやや縮小したものの、前営業日からは2ベーシスポイント(bp)低い水準にある
。
    イタリア10年債利回りも2bp低下の3.56%となっている。イタ
リア政府は2019年予算案の承認を16日に1日延期。ただノルデアの首席アナリスト
、ヤン・フォン・ゲリッチ氏は「イタリア国債に対する最悪の売りは過去のものとなった
」との見方を示している。    
    一方、スペイン10年債利回りは一時1.706%と、約1年ぶりの水
準に上昇。その後は1.69%と、前営業日をわずかに上回る水準まで上げ幅を縮小した
ものの、スペインでは財政状態を巡る懸念が出ている。
    ユーロ圏の高格付け国債の利回りはやや低下。米国とサウジアラビアとの間の緊張の
高まりや、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡る懸念を受けリスク選好度が低下してい
るほか、14日投開票の独バイエルン州議会選でメルケル首相率いるキリスト教民主同盟
(CDU)の姉妹政党である保守与党のキリスト教社会同盟(CSU)が大敗したことも
安全資産に対する需要が高まる一因となった。
    独10年債利回りは一時0.478%と、約2週間ぶりの水準に低下。
終盤の取引では0.50%となっている。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below