October 4, 2018 / 3:36 PM / 2 months ago

米住宅ローン金利、国債利回り高止まりなら最大15bp上昇の公算=フレディマック

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米10年債利回りが現在の7年ぶり高水準近辺にとどまった場合、30年住宅ローン金利は来週までに10─15ベーシスポイント(bp)上昇する可能性がある。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の首席エコノミスト、サム・カーター氏が4日、推計を示した。

カーター氏は、住宅ローン、および債券は現在は底堅く推移しているものの、借り入れコストの増大によりリスクは高まっているとの見方を示した。

米国債利回りは3日の取引で上昇。朝方発表された一連の経済指標が堅調だったことに加え、連邦準備理事会(FRB)当局者からタカ派的な発言が相次いだことで、国債に対する売りが膨らんだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below