for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SBI、融資仲介事業関連で最大150億円の損失計上へ

[東京 2日 ロイター] - SBIホールディングスは2日、投資家からインターネットで資金を募って貸し付けるソーシャルレンディング事業で、2021年3月期の個別決算に最大150億円の特別損失を計上すると発表した。投資家の勧誘に当たり、金融商品取引法違反に該当する行為があった可能性が高いとみている。

同事業を手掛ける子会社のSBIソーシャルレンディングは2月、貸付先の事業運営に重大な懸案事項が生じている可能性が認められたこ

とから、第三者委員会を設置。調査は途中だが、SBIソーシャルレンディングとして、「金融商品取引法違反に該当する行為があった可能性が高い」との考えに至ったという。

SBIは対象ファンドの未償還元本を償還することとしており、関連で21年3月期第4・四半期連結決算の税引き前利益への影響額が最大150億円になるとみている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up