for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル104円後半、欧州通貨弱含み

    [東京 2日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 104.68/70 1.1635/39 121.83/87
 午前9時現在 104.57/59 1.1640/44 121.72/76
 NY午後5時 104.64/67 1.1647/51 121.88/92

    午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの104
円後半。アジア株が底堅い動きとなったことで円が小幅に売られたが、米大統領選投票日
をあすに控え、持ち高調整主体の方向感に乏しい展開となった。
    
    週明けのドルは朝方の安値104.49円から、仲値にかけて104.76円まで上
昇。中国で財新/マークイットが発表した10月製造業購買担当者景気指数(PMI)が
予想を上回ったことが、リスクオンムードを後押ししたとの声が出ていた。
    
    対ユーロや英ポンドでドルが買われたことも、ドル/円の底堅さにつながった。ユー
ロは朝方の1.16ドル半ばから前半へ、ポンドは1.12ドル半ばから前半へじり安と
なった。
    
    独仏に続き、英国も31日、イングランドのロックダウン(都市封鎖)導入を決めた
。            
    
    しかし、米国の選挙を控え、主要通貨は大きな動きに至らず。ドルは104円半ばの
狭いレンジ内を上下する展開が続いた。
    
    トランプ氏が当選した2016年11月8日、ドルは日本時間9日午前9時過ぎから
じりじりと売られ始め、各州でトランプ氏の勝利が伝わり始めた11時過ぎに103円台
へ下落。正午過ぎに101円台をつけた。「今回は集計に時間がかかる見通しもあり、思
惑で上下に値が振れそう」(邦銀)という。            
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up