for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午後3時のドル104円半ば、1週間ぶり安値

[東京 16日 ロイター] -

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からやや円高の104円半ば。日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など15カ国が、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に署名したことに関心を寄せる声も出ていた。写真は2020年11月15日にベトナム・ハノイで開かれたRCEPサミットにオンラインで参加した各国首脳。(2020年 ロイター/Kham)

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 104.58/60 1.1846/50 123.89/93

午前9時現在 104.66/68 1.1843/47 123.97/01

NY午後5時 104.62/65 1.1832/36 123.80/84

午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点からやや円高の104円半ば。アジア株が広範に上昇、リスクオンムードの下でドル売りが強まった。円は対ドルこそ底堅い動きとなったものの、他通貨に対しては軟調だった。

週明けのドルは朝方の高値104円後半から、午後にかけてじり安。104.48円まで売られ、新型コロナワクチンの開発期待からドルが大きく買い上げられた9日以来の安値をつけた。

今月9日の取引でドルは103円前半から105円半ばまで、一気に2円超上昇。しかしその後1週間で、上げ幅の半分近くを失ったことになる。

リスクオンムードを支えたのは、引き続きワクチンの早期開発期待だが、この日は 日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など15カ国が、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に署名したことに関心を寄せる声も出ていた。

「中国が参加する初めての巨大FTA(自由貿易協定)で、日本と韓国には特に大きな恩恵が期待できる。日本株が29年ぶり高値を更新したもの無関係ではないだろう」(外銀)という。

アジア市場ではNZドルの堅調ぶりが目立った。リスクオンムードが支えになったことに加え、ウエストパック銀行が0.75ドルまで上昇する可能性があるとするリポートをまとめたことが話題となった。

NZドルは朝方の0.68ドル半ばから後半へ上昇。対円でも71円半ばから72円台へ買われた。

為替マーケットチーム

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up