for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午後3時のドルは104円半ば、1週間半ぶり安値圏

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの104円半ば。写真は米ドル紙幣、8日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 10日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 104.55/57 1.2122/26 126.77/81

午前9時現在 104.57/59 1.2114/18 126.70/74

NY午後5時 104.57/60 1.2117/21 126.70/74

午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点と変わらずの104円半ば。アジア株が小動きにとどまる中、1週間半ぶりの安値圏で売買が交錯した。

前日海外市場では米株高を背景にリスクオンのドル安が進んだものの、この日の日経平均株価は小動きで、東京市場のドルは104円半ばの狭いレンジ内を推移した。海外市場で動きが目立った豪ドルもほぼ横ばいで、主要通貨は総じてもみあいとなった。

市場では、前日海外で強まったドル売りの持続性が関心を集めている。最近は株高が進む場面でドルが上昇することが多く、これまでのセオリーだった「リスクオンのドル安」が鳴りを潜めていたためだ。

「昨年来、高水準に積み上がっていたドル売り持ちポジションの解消が一巡したようだ。今後はリスクオン局面で従来通りドルが下落するようになるのかがポイント」(証券)になるという。

為替マーケットチーム

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up