for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル105円半ば、豪ドル半月ぶり高値

    [東京 15日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 105.64/66 1.1895/99 125.67/71
 午前9時現在 105.71/73 1.1865/69 125.45/49
 NY午後5時 105.72/73 1.1868/70 125.41/45

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点とほぼ変わらずの10
5円半ば。中銀議事要旨の発表を受けて、豪ドルが対米ドルで半月ぶり高値を更新した。
    
    ドルは105円半ばで小動き。前日海外市場では、米金利の低下などを背景に一時1
05.55円と8月31日以来半月ぶり安値を更新したが、その後は目立った手掛かりも
なく、ほぼ横ばいが続いた。
    
    動きが目立ったのは豪ドル。対円で76円後半から77円半ばへ上昇し、11日以来
の高値を付けた。豪中銀は議事要旨で、必要な限り超緩和的なアプローチを維持する方針
を表明したが、政策措置の緊急性は示さなかった。            
    
    豪金利先物市場        では、10月理事会で政策金利を15ベーシスポイント(b
p)引き下げて0.1%とする可能性をほぼ完全に織り込んでいる。
    
    市場の注目は、きょうから2日間の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOM
C)に集中。米長期金利の動きが注目されている。    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up