May 11, 2020 / 6:21 AM / 3 months ago

東京外為市場・15時=ドル106円後半、米GDP3割減の試算 マイナス金利の思惑

    [東京 11日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 106.90/92 1.0839/43 115.89/93
 午前9時現在 106.91/93 1.0836/40 115.86/90
 NY午後5時 106.65/68 1.0840/41 115.57/61

    午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の106
円後半。市場では、米国がマイナス金利政策を採用するとの思惑がくすぶり、アジア株が
全般堅調を維持する中、円が下落した。
    
    ドルは早朝の106円前半からじり高で、仲値公示後に107.01円まで上昇。4
日以来の高値をつけた。中国がオーストラリア産の大麦に大幅な反ダンピング(不当廉売
)関税を課す方針との週末の報道を懸念する声もあったが「米株高を受けてアジア株が買
い進まれると、警戒ムードが和らいだ」(トレーダー)という。
    
    豪ドルもじり高。対米ドルでは早朝にいったん売り込まれる場面もあったが、対円で
は一時70円台と、4月30日以来の高値をつけた。
    
    市場では引き続き、米国がマイナス金利政策を採用する可能性に関する思惑が広がっ
ている。アトランタ地区連銀が4月雇用統計を織り込んで、経済予測モデル「GDPナウ
」で推計した第2・四半期の国内総生産(GDP)予想は、34.9%減まで落ち込み幅
が広がった。
    
    8日の米国債市場では、2年債利回りが過去最低を更新。短期金融市場では、202
1年から22年にかけて、連邦準備理事会(FRB)がマイナス金利を導入する可能性を
織り込んでいる。
    
    ハセット米大統領顧問は10日、失業率は5月か6月に「20%を上回る」可能性が
あるとの見解を示した。
    
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below