July 20, 2020 / 6:52 AM / 14 days ago

東京外為市場・15時=ドル107円前半、連休前に実需が手当て

    [東京 20日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 107.28/30 1.1450/54 122.86/90
 午前9時現在 107.09/11 1.1440/44 122.53/57
 NY午後5時 106.99/02 1.1426/30 122.30/34

    午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の107円前半。日本の連
休を控えて輸入企業がドルの手当てに動き、一時107.57円まで上昇。今月8日以来、1週間半ぶり高
値をつけた。
    
    週明けのドルは107円前半で、底堅くスタート。中国銀行保険監督管理委員会(CBIRC)が株式
投資の上限を前四半期末の総資産の30%から45%へ引き上げること、欧州連合(EU)の新型コロナ復
興基金に関する一部報道などを受けて、株高への期待感が強まったという。
    
    ドルは仲値にかけて一段高。「(23日から)4連休を控えているので、早めにドルを手当てしておこ
うという実需の動きがあったようだ。実需のフローでこれほど上昇するのは半年ぶりぐらいだ」(外為アナ
リスト)という。
    
    しかし、107円半ばで輸出企業が売りに動いたことで、公示後は反落。午後にかけて107円前半で
小動きが続いた。
    
    きょう話題となったのは豪ドル。米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商
業(投機)部門の取組によると、7月14日までの週に、豪ドルは差し引きで小幅な買い越しに転じた。豪
ドルが買い超となるのは、18年3月以来、2年4カ月ぶり。
    
    市場では「米ドル指数も年初来安値圏へ下落するなど、緩やかなリスクオンの流れが続いている」(外
銀)との声が出ていた。
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below