September 18, 2019 / 6:21 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル108円前半、1カ月半ぶり高値圏で堅調

    [東京 18日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 108.20/22 1.1062/66 119.73/77
 午前9時現在 108.08/10 1.1072/76 119.69/73
 NY午後5時 108.12/15 1.1071/75 119.71/75

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の108
円前半。一時108.27円まで上昇したが、前日につけた1カ月半ぶり高値には届かな
かった。
    
    米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えてドルは堅調。米10年債利回りが1.8
1%付近で下げ渋ったことや、アジア株が全般底堅かったことなどが支えとなった。
    
    市場では、今回のFOMCでの0.25%の追加利下はほぼ確実視されている。「ド
ットチャートやパウエル議長の会見で、年内の利下げペースを探りたい」(外為アナリス
ト)という。
    
    この日の話題は米短期市場。銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利が
急上昇し、一時10%を付けた。   
    四半期の法人税納付や国債入札の決済が立て込み、資金需要が高まっていることが背
景とされるが「根底には準備預金が減少方向にあることが影響している。FOMCでバラ
ンスシートの再拡大が議論される可能性もあるだろう」(野村証券)という。
    
    NY連銀は17日、約10年ぶりとなる国債買い入れオペを実施。18日もレポ取引
を通じた金融調節を実施し、最大750億ドルを供給すると表明している。
    
    連邦準備理事会(FRB)は7月のFOMCで、バランスシートの縮小を停止するこ
とを決定していた。
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below