for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル109円後半で小動き、FOMC前に様子見姿勢強まる

    [東京 14日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 109.73/75 1.2102/06 132.83/87
 午前9時現在 109.69/71 1.2107/11 132.84/88
 NY午後5時 109.65/67 1.2106/10 132.79/83

    午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点(109.65/6
7円)に比べて若干ドル高/円安の109.72円付近。午前の取引では一時109.8
2ドルまで上昇したが、午後は一進一退の動きとなった。今週予定されているFOMC(
米連邦公開市場委員会)を前に様子見ムードが広がったほか、きょうは豪州、中国、香港
、台湾市場が休場で薄商いとなった。
    
    米10年債利回りは現在1.46%台前半で推移し、前週末から小幅に上昇している
。
    
    楽天証券・FXディーリング部、荒地 潤氏は、前週末にドル/円が109.30円
付近まで下落した分、「ドルの買い戻しの動きがみられている」と話した。ただ、依然と
して米長期金利が低位で安定していることから、「積極的なドル買いにつながっているわ
けではなさそうだ」(荒地氏)という。
    
    今週は15―16日に米国でFOMCが開催される予定で、結果を確認するまでは様
子見姿勢が強まりやすいとの声がある。
    
    他の主要国通貨では、ユーロの上値の重さが意識された。現在、ユーロ/ドルは1.
2101ドル付近、ユーロ/円は132.78円付近で取引されており、いずれも朝方か
らもみあいとなっている。
    
    先週のECB(欧州中央銀行)理事会で改めてECBのハト派姿勢が確認されたほか
、ドイツの10年物国債利回りが低下基調にあり、ユーロの上値を抑える要因となった。
      
    主要7カ国首脳会議(G7サミット)後の首脳宣言では、台湾海峡の平和と安定の重
要性について初めて言及された。為替相場への直接的な影響はみられなかったが、市場か
らは「今後、米中関係の緊張が高まった場合、安全資産とされる米債が買われ、米長期金
利が上がりにくくなる可能性がある」(国内証券)との声が聞かれ、その場合、ドルの上
昇を抑制する要因になりそうだという。

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up