November 13, 2019 / 6:15 AM / a month ago

東京外為市場・15時=ドル109円前半、一時1週間ぶり安値

    [東京 13日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 109.08/10 1.1013/17 120.14/18
 午前9時現在 108.98/00 1.1009/13 120.01/05
 NY午後5時 109.00/03 1.1007/11 120.00/04

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅高の109円
前半。午前の取引で一時108.87円まで下落し、今月7日以来ほぼ1週間ぶり安値を
更新する場面もあった。
    
    目立った円買いの手がかりはなかったものの、この日話題となったのは香港株が2%
を超える大幅反落となったこと。報道によると、中国外務省の耿爽副報道局長は12日、
警官の発砲について「完全に法に基づいた処置だ」との見解を示した。
    
    米政府は11日、香港で「殺人兵器の不当な使用」があったと非難する声明を発表し
ている。
    
    ドルはその後109円台へ切り返した。108円後半では個人や機関投資家の買いが
待ち受けていたという。ただ、テクニカル的に重要な抵抗線となる200日移動平均線が
走る109円台では「戻り売り圧力が強い」(FX関係者)という。
    
    ドルは2月と4月にも200日線をいったん上抜けたが、その後すぐに反落した。「
今回も(上抜けた直後に反落する)ブルトラップとなりかねない」(トレーダー)可能性
があるという。
    
    この日に目立ったのはNZドル。中央銀行が市場の利下げ予想に反して、政策金利の
オフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を1.0%に据え置いたことで、NZドル
は68円後半から69円後半へ大きく上昇した。
    
    中銀は声明で「国内の経済成長は年内、低迷が続くと予想している。引き続き景気動
向を注視し、必要に応じて行動する用意がある」とした。市場では「NZ中銀は利下げと
いう『弾薬』を温存したかったのではないか」(外銀)との指摘が出ていた。
    
    

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below