July 17, 2019 / 7:30 AM / 4 months ago

アジア株式市場サマリー:引け(17日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [17日 ロイター] -    
                                    終値    前日比      %       始値       高値       安値  コード
       中国  上海総合指数      2931.6926   - 5.9242  - 0.20  2933.0227  2942.0668  2924.4594         
             前営業日終値       2937.6168                                                     
       中国  CSI300指数    3804.638    -2.207   -0.06   3800.106   3820.271   3787.897           
             前営業日終値        3806.845                                                     
       香港  ハンセン指数        28593.17    -26.45   -0.09   28463.77   28593.17   28377.34        
             前営業日終値        28619.62                                                     
       香港  ハンセン中国株指    10847.91    -17.61   -0.16   10792.34   10850.19   10760.46         
             数                                                                               
             前営業日終値        10865.52                                                     
       韓国  総合株価指数         2072.92    -18.95   -0.91    2079.91    2080.01    2063.49         
             前営業日終値         2091.87                                                     
       台湾  加権指数            10828.48    -57.57   -0.53   10861.11   10861.11   10804.34         
             前営業日終値        10886.05                                                     
         豪  S&P/ASX指     6673.30    +32.30   +0.49    6641.00    6675.40    6626.60         
             数                                                                               
             前営業日終値         6641.00                                                     
 シンガポー  ST指数             3364.87     +4.84   +0.14    3354.83    3364.87    3349.87        
         ル                                                                                   
             前営業日終値         3360.03                                                     
 マレーシア  総合株価指数         1657.53    -11.41   -0.68    1667.50    1667.79    1656.76         
             前営業日終値         1668.94                                                     
 インドネシ  総合株価指数        6394.609    -7.271   -0.11   6395.464   6403.501    6377.50         
         ア                                                                                   
             前営業日終値        6401.880                                                     
 フィリピン  総合株価指数         8233.48    -30.09   -0.36    8286.86    8311.68    8232.10        
             前営業日終値         8263.57                                                     
   ベトナム  VN指数              982.57     +0.46   +0.05     981.49     985.59     979.05        
             前営業日終値          982.11                                                     
       タイ  SET指数           1718.85     -9.13   -0.53    1726.04    1729.88    1717.82         
             前営業日終値         1727.98                                                     
     インド  SENSEX指数    39215.64    +84.60   +0.22   39171.10   39284.73   39081.14          
             前営業日終値        39131.04                                                     
     インド  NSE指数          11687.50    +24.90   +0.21   11670.75   11706.65   11651.15         
             前営業日終値        11662.60                                                     
 

    東南アジア株式市場は大半が下落した。前日発表された6月の米小売売上高が市場予
想を上回ったことから、米連邦準備理事会(FRB)が長期的に金融政策を緩和するとの
見方が後退した。また、トランプ米大統領が中国からの輸入品に課している追加関税の対
象を新たに拡大する可能性を示したことを受け、警戒感が広がった。
    クアラルンプール市場のKLCI総合指数の終値は0.7%安の1657.
53。資源株と公益株に引き下げられた。ペトロナス・ケミカル・グループは
3.9%安、政府系電力大手テナガ・ナショナルは1.6%安。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は0.11%安の6394.609。通信株
と金融株の下げが響いた。ロイターが実施した調査によると、インドネシア中央銀行が1
8日に利下げを決めるとの見方が強い。
    休場明けのバンコク市場のSET指数は0.53%安の1718.85。バ
ンコク銀行と資源開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクショ
ン(PTTEP)は、それぞれ1%下げた。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは金融株と工業株に引き下げられ、0.3
6%安の8233.48と続落。不動産開発大手SMプライム・ホールディングス<SMPH.
PS>は1.4%安、港湾運営のインターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ<
ICT.PS>は1.1%安。
    一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.14%
高の3364.87。4ー6月の実質GDP(国内総生産)の伸びが鈍化したのに続き、
6月の貿易統計が期待外れな内容だったことを受け、市場は今後の手掛かり待ちの状態と
なった。INGグループのエコノミスト、プラカシュ・サクパル氏はリポートで「経済デ
ータは、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)による金融緩和がますます望ましくな
る方向に作用している」と指摘した。 ホーチミン市場のVN指数は0.05%高
の982.57。    
    
    中国株式市場は薄商いのなか小幅続落。景気減速と米中貿易戦争の影響を巡る懸念が
くすぶり、中国政府がさらなる景気支援策を打ち出す兆しを待つムードが続いている。
    セクター別では、金融株が0.18%安、日用品株が0.
16%下落する一方、ヘルスケア株が0.08%高、不動産株
は0.63%上昇した。
    トランプ米大統領は16日、中国との通商合意に向けた道のりはなお長いとし、必要
なら新たに3250億ドル相当の中国製品に関税を課す可能性があると発言。[nL4N24H3F
Q]これを受け、米中通商協議を巡る懸念が再燃した。
    香港株式市場も下落。さらなる米企業決算の発表を控えるほか、貿易や成長鈍化を巡
る懸念が引き続きセンチメントを悪化させる中、様子見ムードとなった。
    商いは引き続き薄く、ハンセン指数構成銘柄の出来高は約9億7984万株と、30
日移動平均(15億株)の約65.5%。
    
    ソウル株式市場は反落し、約1%下げた。半導体材料の輸出管理強化をめぐる日本と
韓国の対立で市場心理が悪化し、米中貿易摩擦が追い打ちをかける形になった。
    韓国政府関係者は、日本の輸出管理強化が世界のハイテク企業に悪影響を与え、米テ
キサス州オースティンにあるサムスン電子の工場の操業に打撃が及ぶとの見方を示した。
訪韓したスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、日韓の政治・経済対
立の解消を支援するため「できることはする」と述べた。米政府が政治・経済面の日韓対
立を緩和するため、米国政府は「できることをする」と語った。
    こうした中、トランプ米大統領は中国との貿易に関する合意への道のりはまだ長いと
述べ、必要であれば3250億ドル相当の中国製品を新たに追加関税の対象に加える可能
性があると言明した。    
    
    シドニー株式市場は反発。資源大手BHPグループの上昇が寄与した。
    鉱業株指数は0.7%高。BHPは1.4%上昇した。同社の生産報告によると、鉄
鉱石産出量は3月にサイクロンの打撃を受けたものの、その後回復し、4─6月期は前期
比12%増となった。2019─20年度は小幅増加を見込んでいる。
    競合相手リオ・ティントの株価はほぼ横ばい。鉄鉱石採掘大手フォーテスキ
ュー・メタルズ・グループは2.1%安。
    金融株指数は3日ぶりに反発。四大銀行は0.1─0.7%上昇した。
    エネルギー株指数は、原油相場が反発したものの、0.3%下落した。ウッドサイド
・ペトロリアムは0.3%安、サントスは0.7%安。
    オイル・サーチは3.1%安と、終値ベースで1週間ぶりの安値。パプアニ
ューギニアのマラペ首相が前日、同社と提携先の石油大手に対し、納税額引き上げを求め
たことが響いた。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below