for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(17日)=上昇、政権移行巡る懸念などでドル軟調

[17日 ロイター] - アジア新興国通貨は、米ドルに対して全般的に上昇している。米国の一部の州で新型コロナウイルス感染予防のための規制が強化されていることに加え、トランプ米大統領が政権移行に依然協力していないことから、ドルが軟調になっている。

タイバーツは、18日の金融政策会合を前にドルに対して0.3%高。

ロイター調査によると、タイ中銀は、政策金利の翌日物レポ金利を過去最低の0.5%で据え置く見通し。

インドネシアルピアも0.6%高。インドネシア中銀も19日開く金融政策委員会で政策金利を据え置くと予想されている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up