November 21, 2018 / 3:58 PM / 22 days ago

米借り換え向け住宅ローン申請、前週は約18年ぶり低水準=抵当銀行協会

* 米住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は316.4、前週は316.7=米抵当銀行協会

* 借り換え向けローン申請指数は783.7、前週は824.7=米抵当銀行協会

* 新規購入向けローン申請指数は227.7、前週は220.8=米抵当銀行協会

* 30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は5.16%、前週は5.17%=米抵当銀行協会

[21日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が発表した16日までの週の借り換え向けローン申請指数(季節調整済み)は5.0%低下の783.7となり、2000年12月以来の低水準を付けた。

一方、新規購入向けローン申請指数は227.7と、3.1%上昇した。週間の上昇としては7月5日の週以来の大きさとなる。前週は17年2月以来の水準に低下していた。

新規購入と借り換えを含む全体の住宅ローン申請指数は316.4と、0.1%低下し、14年12月以来の低水準を付けた。

30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は5.16%と、前週の5.17%から低下。前週は10年4月以来の高水準を付けていた。

MBAの経済・産業見通し担当アソシエート・バイスプレジデント、ジョエル・カン氏は「当該週は世界的な経済成長を巡る懸念から株価が大きく動く中、米国債利回りが低下した」と指摘。当該週は米10年債は約11ベーシスポイント(bp)低下している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below