June 18, 2020 / 6:17 AM / 19 days ago

アジア通貨動向(18日)=ルピアがレンジ取引、大幅利下げ観測浮上

[18日 ロイター] - アジア通貨市場ではインドネシアルピアが狭いレンジで推移。市場ではインドネシア中銀が、この日の理事会で予想を上回る幅の利下げを実施するのではないかとの見方が浮上している。

大幅な利下げとなれば、高金利通貨としてのルピアの魅力が薄れる可能性がある。

午前のアジア通貨は、不安定な値動きとなった。韓国ウォンなどの通貨は人民元に連れる形で値上がりしたが、新型コロナウイルスの流行に対する警戒感で上昇率は小幅にとどまった。

市場では、インドネシア中銀の利下げ幅が予想の25ベーシスポイント(bp)ではなく、50bpになるのではないかとの懸念が一部で浮上。ルピアを圧迫する要因となっている。 タイバーツとウォンはともに0.4%高。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below