August 8, 2018 / 6:36 AM / 3 months ago

18年度成長率+1.05%、CPI+0.89%=8月フォーキャスト調査

[東京 8日 ロイター] - 日本経済研究センターは8日、民間エコノミスト予測を集計したESPフォーキャスト調査の8月結果を公表した。2018度実質成長率は1.05%の見通しとなり、前回調査から下方修正された。19年度の見通しは0.81%で、前回比小幅上方修正となった。

消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)は18年度0.89%、19年度1.33%にそれぞれ小幅下方修正された。

日銀の金融政策に関し、長期金利の誘導目標については回答者39人のうち35人が18年度末はマイナス0.1%以上ゼロ%未満と予想した。19年度末もマイナス0.1%以上ゼロ%未満と予想する回答者が31人と、前回19人から増加した。

今回の調査の調査期間は、7月25日─8月1日。回答人数は39人。

<予測平均値、前年比、▲はマイナス>

        実質GDP          コアCPI   2018年度    1.05%(前月1.08%)     0.89%(前月0.90%) 2019年度    0.81%(前月0.80%)     1.33%(前月1.35%)

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below