August 1, 2018 / 6:23 AM / 17 days ago

JT、18年12月期の営業益を200億円下方修正 市場予測を下回る 

[東京 1日 ロイター] - JTは1日、2018年12月期(国際会計基準)の連結営業利益を5610億円から前年比3.6%減の5410億円に下方修正すると発表した。海外たばこ事業の買収効果などから売上収益は上方修正したものの、為替レートの見直しや買収に伴う無形資産の償却費を追加計上したため、営業益は下方修正となった。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト18人の営業利益予測の平均値は5634億円となっている。

1―6月期の加熱式たばこを含むリスク低減製品(RRP)市場での「プルーム・テック」のシェアは10%程度だったという。紙巻たばこ換算で8億本、RRP関連売上収益は212億円。年間では40億本の販売計画を掲げていたが、変更していない。

1―6月期の連結売上収益は前年同期比2.9%増の1兆0752億円、営業利益は同3.5%減の3023億円となった。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below