December 19, 2017 / 3:52 AM / a year ago

18年度財投総額14兆4600億円、高速道整備を追加=政府筋

[東京 19日 ロイター] - 政府は、2018年度財政投融資計画で、総額を14兆4600億円とする方針を固めた。大都市圏の高速道路整備を追加計上し、今年8月の財投要求額(14兆1037億円)から上積みした。複数の政府筋が明らかにした。

当初計画額としては2年ぶりの減額となる。17年度はリニア中央新幹線の全線開業前倒しに向けた融資1兆5294億円などを柱に、15兆1282億円を計上した。

18年度は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)や東海環状道など3区間の整備前倒しに1兆5000億円の財政資金を活用することを新たに盛り込み、要求額を上回る規模となる。

財投計画には安倍政権が掲げるインフラ輸出促進に向けた融資や中小企業の資金繰り支援なども計上し、18年度予算案を閣議決定する22日に併せ、正式に決める。 (山口貴也)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below