July 11, 2018 / 1:30 AM / 2 months ago

18年上半期のビール類課税出荷は3.6%減、過去最低を更新

[東京 11日 ロイター] - ビール大手5社が11日に発表した2018年1―6月期(上半期)のビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量は、前年同期比3.6%減の1億8337万ケース(1ケースは大瓶20本)となり、6年連続で減少、過去最低を更新した。

1―6月の酒類別の出荷量は、ビールが同6.3%減、発泡酒が同8.4%減と減少が続いたものの、新ジャンルは同1.9%増と5年ぶりのプラスとなった。業界関係者によると、昨年の店頭価格の上昇に加え、今春には業務用の値上げが実施されたことなどから、ビールから割安な缶チューハイなどのRTD(Ready To Drink)に需要が流れているという。

また、新ジャンルがプラスに転じたのは、韓国で生産されていたイオンのプライベートブランド(PB)「バーリアル」の受託生産が6月からキリンに移管され、統計に含まれるようになったため。これを除くと、1%減で5年連続マイナスだという。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (清水律子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below