for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JR東海、今期1850億円の営業赤字見通し 旅客は年度内60%の戻り

10月28日、東海旅客鉄道(JR東海)は、2021年3月期の連結営業損益が1850億円の赤字(前期は6561億円の黒字)になるとの見通しを発表した。写真はJR東海のロゴ。名古屋駅で2016年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - 東海旅客鉄道(JR東海) 9022.Tは28日、2021年3月期の連結営業損益が1850億円の赤字(前期は6561億円の黒字)になるとの見通しを発表した。足元の輸送動向を踏まえ、この鉄道利用状況が年末まで続き、その後回復基調となることを前提にしている。

同社は、新型コロナウイルスの影響が不透明として、業績見通しの開示を見送っていた。

営業損益は、連結決算の開示を始めた1989年以降初めての赤字となる。リフィニティブがまとめたアナリスト10人の営業損益予想平均は524億円の赤字だった。

連結売上高は8630億円(前期比53.2%減)、純損益は1920億円の赤字(前期は3978億円の黒字)見通し。

今回の業績見通しの前提は、年内の鉄道利用は足元の水準(18年度比40%の水準)が続き、年度末に60%、来年6月には80%に戻ることを想定している。また、連結で680億円のコスト削減を計画している。

丹羽俊介常務は会見で「来期は黒字にしたいし、実現可能だと思っている」と述べた。ただ、同社の場合、通常時の運輸収入は、9割が新幹線、1割が在来線。鉄道利用の回復は在来線の方が早く始まっているという。新幹線の回復については「急速には回復せず、徐々に戻ってくるのではないか」との見方を示した。

GoToトラベルについては、10月から東京発着が追加になり「旅行増に寄与している」とし、延長されれば「輸送量という面ではポジティブ」と期待を示した。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up