October 30, 2018 / 7:07 AM / 20 days ago

十八銀と親和銀、合併を2020年10月に延期 システム統合に配慮

 10月30日、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)と長崎県を地盤とする十八銀行は、経営統合で最終合意したと発表した。写真は都内で2010年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 30日 ロイター] - ふくおかフィナンシャルグループ(FG)(8354.T)と長崎県を地盤とする十八銀行(8396.T)は30日、経営統合で最終合意したと発表した。ふくおか傘下の親和銀と十八銀は、当初予定から半年遅れて2020年10月に合併する。

経営統合に伴う株式交換比率については、十八銀の普通株1株に対して、ふくおかFGの普通株1.12株を割り当てる。

公正取引委員会による統合承認を受け、ふくおかFGと十八銀は今年8月、2019年4月に経営統合すると発表。親和銀と十八銀は20年4月に合併するとしていた。両行は21年1月にシステムを統合する。顧客の利便性を保つ観点から、合併とシステム統合の間隔を開けるべきではないとの判断から合併時期を後ずれさせた。

ふくおかFGと十八銀の経営統合は予定通り19年4月に行う。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below