September 11, 2018 / 11:19 PM / 9 days ago

19年の米原油生産見通し引き下げ、日量1150万バレル=EIA

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)は11日公表した月次の短期エネルギー見通しで、2019年の国内原油生産を前年比で日量84万バレル増の1150万バレルと予想し、従来見込みである102万バレル増の1170万バレルから下方修正した。

19年の国内石油需要見通しは25万バレル増と、従来予想の29万バレル増から引き下げた。

18年の生産と需要の見通しは概ね据え置いた。生産は131万バレル増の1066万バレル、需要は47万バレル増と見込む。

米国の原油生産はシェールブームによって今年、日量1000万バレルを1970年代以来初めて突破。ただ、国内最大の鉱区であるパーミアン地区の掘削活動は、パイプラインの輸送能力が限定的であることを背景に、減速の兆しが見え始めている。

EIAのリンダ・カプアノ氏は、今回の見通しでは北海ブレント原油の18年の平均現物価格予想を1バレル73ドルに上方修正したと説明した。19年は74バレルと予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below