January 17, 2019 / 1:22 AM / a month ago

19年度一般会計6.5億円上積み、費用総額は795億円=勤労統計不正で政府筋

[東京 17日 ロイター] - 政府は、毎月勤労統計が不適切な調査手法で行われたことに伴う失業給付の追加支給などで国庫負担分6.5億円を上積みし、2019年度一般会計予算案の歳出総額を101兆4571億円に修正する方針を固めた。

18日にあらためて閣議決定し、公表する。追加給付や事務費などを含めた関連費用は795億円にのぼる見通し。複数の政府筋が明らかにした。 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below