March 27, 2019 / 6:09 AM / a month ago

19年度予算が成立=参院本会議

[東京 27日 ロイター] - 一般会計総額が101兆4571億円の2019年度予算は27日午後の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。消費増税対策2兆円超を盛り込み、歳出総額は初めて100兆円を超えた。

19年度予算は2日に衆院を通過し、憲法の衆院優越規定により年度内の成立が確定していた。予算成立後は統一地方選や夏の参院選をにらんだ「選挙モード」が本格化する見通しだ。

19年度予算のうち「臨時・特別の措置」として計上した消費増税対策は2兆0280億円。強靭化関連にも歳費1兆3475億円を充て、歳出総額は7年連続で過去最大を更新する。

政府は当初、歳出総額を101兆4564億円としていた。毎月勤労統計の不正処理を受けて年初に閣議決定をやり直した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below