March 19, 2019 / 6:38 AM / 3 months ago

東京マーケット・サマリー・最終(19日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                       ドル/円            ユーロ/ドル            ユーロ/円         
 午後5時現在           111.26/28           1.1345/49               126.25/29
 NY午後5時             111.42/43           1.1336/37               126.31/35
 
    午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べてややドル安/円高の1
11円前半。アジア株が軟化したことで円が全般に堅調で、ドルは一時111.16円と14日
以来の安値をつけた。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均             21566.85円                (17.65円安)
 安値─高値         21425.79円─21585.55円                        
 東証出来高           11億0401万株                                  
 東証売買代金         1兆8954億円                                   
 
    東京株式市場で日経平均は3日ぶり反落。外部環境面で大きな変化がない中、連騰の反動で
利益確定売りが先行した。国内勢から期末のポジション調整売りなども出て下げ幅は一時150
円を超えたが、上海株がしっかりで始まると下げ渋り、小幅ながらプラス圏に浮上する場面もあ
った。ただ、その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見姿勢が強まった。午後
は小幅安の水準でもみあった。
    東証1部騰落数は、値上がり597銘柄に対し、値下がりが1464銘柄、変わらずが74
銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時10分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベー   -0.053%                                  
 ス)                                                   
 ユーロ円金先(19年6月限)         99.965              (-0.005)
 安値─高値                        99.965─99.970                            
 3カ月物TB                       -0.168              (-0.007)
 安値─高値                        -0.168─-0.168                            
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.053%になった。積
み期序盤で資金調達意欲は慎重でマイナス0.025─マイナス0.086%を中心に取引され
た。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落
札利回りはマイナス0.1747%、平均落札利回りはマイナス0.1787%と、前回(最高
:マイナス0.1886%、平均:マイナス0.1906%)に比べて小幅上昇した。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・19年6月限               152.81              (+0.03)
 安値─高値                        152.75─152.84                            
 10年長期金利(日本相互証券引け値)  -0.050%            (-0.010)
 安値─高値                        -0.040─-0.040%                          
  
    国債先中心限月6月限は前日比3銭高の152円81銭と小反発で引けた。19─20日の
米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がる中、朝方を中心に20年債入
札に備えた調整圧力で上値を重くする場面が見られた。入札結果は好需給を背景に順調と受け止
められ、一時152円84銭に水準を切り上げたが、一方で高値警戒感が意識され、伸び悩んだ
。
    現物市場は超長期ゾーンを中心にしっかり。20年債入札を順調に通過したことで買い安心
感が広がった。「超長期ゾーンは朝方に売りも観測されたが、4月以降も世界経済への懸念など
から金利は大きく上がらないとの見方が広がっており、下値で買い意欲がしっかりと示されてい
る。当面はフラット化余地を探る動きになるのでないか」(国内金融機関)とみられている。1
0年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp低下のマイナス0.050%
。

 レポート全文:

<スワップ市場> 15時38分現在の気配
 2年物     0.02─-0.07
 3年物     0.01─-0.08
 4年物     0.01─-0.08
 5年物     0.02─-0.07
 7年物     0.07─-0.02
 10年物    0.17─0.07
 
    

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below