June 17, 2019 / 6:03 PM / in 3 months

欧州株式市場=まちまち、航空銘柄売られる 19日のFOMCに注目

    [17日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    378.46    -0.35  -0.09    378.81          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1489.82    -1.02  -0.07   1490.84          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3383.21    +4.02  +0.12   3379.19  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    週明け欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。ドイツの航空大手ルフトハンザ<LHA
G.DE>が利益見通しを引き下げたことで同業銘柄がつれ安となった。市場は19日の連邦
公開市場委員会(FOMC)金融政策発表に注目している。
    市場は大方、米連邦準備理事会(FRB)が18─19日のFOMCで金利を据え置
くとみている。7月は利下げするとの見方が大勢だ。フェデラルファンド(FF)金利先
物は年内に最大3回の利下げを織り込むようになり、今月の株価の押し上げ要因となって
いる。5月は株価が大幅に下がった。証券会社オアンダの上級市場アナリスト、クレイグ
・アーラム氏は「市場はFRBの会合を控え、やや慎重になっている。多くの要因が織り
込み済みだ」と述べた。
    STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は1.30%低下した。欧州
の格安航空会社との競争を理由に2019年の利益見通しを引き下げたルフトハンザが1
1.6%急落。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAG<ICAG.
L>は2.2%、格安航空会社のイージージェットと欧州格安航空会社(LCC)
最大手ライアンエアはともに4%超のつれ安となった。
    一方、ドイツ銀行は1.4%上昇した。事業再編の一環として最大500
億ユーロ規模の資産を保有か売却する「バッドバンク」を設立するとの報道が材料視され
た。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below