for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為市場=豪ドル1年ぶり高値を視野、9週連続上昇へ

[シドニー 21日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが堅調な一方、ニュージーランド(NZ)ドルはさえない動き。

豪ドルは1豪ドル=0.7197米ドルと、19日に付けた1年半ぶり高値の0.7275米ドルを視野に置く水準。週初から0.4%上昇しており、9週連続の上昇となる見込みだ。

豪ドルは3月中旬に0.5510米ドルまで下げたが、その後は予想より早い経済再開やコモディティ価格高を追い風に上昇基調で、年初からは2.6%上昇している。

ウェストパックのチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏は、鉄鉱石価格の上昇や、最大の貿易相手国である中国の需要を踏まえ豪ドル相場予想を上方修正。年末までに0.75米ドル(従来予想:0.72米ドル)、2021年末までに0.80米ドル(従来予想:0.76米ドル)を付けるとみている。

NZドルは1NZ=0.6540米ドルと、19日に付けた1週間ぶり高値の0.6652米ドルから下げている。今週はほぼ変わらず、年初からは2.7%下げている。

弱含みの背景には中銀のハト派姿勢がある。 ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は、マイナス金利を政策オプションの一つとしている。

エコノミストは、中銀が来年初めまでにマイナス金利に踏み切ると予想している。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up