May 16, 2018 / 12:08 AM / 6 months ago

ホットストック:日本郵政が売り気配、19年3月期の減益予想を嫌気

[東京 16日 ロイター] - 日本郵政が売り気配。2019年3月期の連結当期利益予想を前期比28.4%減の3300億円と15日に発表し、嫌気されている。低金利下の運用難で、傘下のゆうちょ銀行の減益見込みが業績の重しとなる。年間配当予想は1株あたり50円と、減配(18年3月期は57円、うち特別配7円)を予想する。

18年3月期の通期連結最終損益は4606億円の黒字で、豪物流子会社トール・ホールディングスに係るのれんなどの減損処理で最終赤字となった17年3月期から一転、黒字に浮上したが、19年3月期は傘下の3社がそろって減益を予想する。同日20年度を最終年度とする新たな中期経営計画も発表。20年度の当期利益見通しを4100億円以上とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below