Reuters logo
上海外為市場=元下落、2週間ぶりの大幅な下げ
2017年11月16日 / 05:15 / 25日前

上海外為市場=元下落、2週間ぶりの大幅な下げ

[上海 16日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで下落。企業のドル買いが膨らんでおり、約2週間ぶりの大幅な下げを記録する勢いとなっている。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の基準値(中間値)を6.6286元に設定。前日の基準値(6.6263元)に比べ23ポイント(0.03%)元安の水準だった。

複数の市場関係者は、この日の基準値が元高の水準に設定されると予想していた。

国内スポット市場の元は、6.6317元で始まった。中盤のレートは6.6379元。これは前日終値比で184ポイントの元安水準。基準値との比較では0.14%の元安。

市場関係者によると、年末を控え、企業のドル買いが膨らんでいる。

市場では、元の大幅な下落を予想する声は少ない。一部の市場関係者は、6.7元を超えて元安が進む可能性は非常に低いと指摘している。

中盤の水準で取引を終えれば、0.28%の元安となり、11月3日以来の大幅な下げとなる。

ゴールドマン・サックスのエコノミストは、来年、元に若干の下落圧力がかかる可能性が高いと予測。「貿易加重ベースで小幅な元安を予想する。ドル安局面では、機会主義的に元安を容認するだろう。規制強化を考えれば、資本フローへの影響は限定的だろう」としている。

オフショア市場の人民元は6.64元と、国内の水準に比べて0.03%の元安。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7885元と、基準値に比べ2.36%の元安。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below